理想の空間を作るためのリフォーム情報

>

最適な住宅を作ろう

リフォームとリノベーションは違う?

リフォームは、「元に戻す」ことです。
古くなった住宅やその設備などを、新築に近い状態に戻す行為をリフォームと言うのです。
例えば、長年同じで少し古くなってしまっている壁紙を新しい物に貼り替えたり、キッチン設備を新しいものと交換したりなどを指し、主に大がかりではない部分的な改修のことを言うことがほとんどとなります。

一方、リノベーションは「作り変える」ことを指し、一般的にリフォームとは区別されています。
当初の設備や住宅よりも、より機能的な性能で、価値のあるものにするために行われる行為です。
例えば、間取りを思うとおりに変更したり、内装や外装をオシャレな物にしたりなどで、リフォームと比べて大がかりな工事を必要とする場合が多くなります。

理想の空間作り

人間にとって快適な生活を送ることはとても重要です。
日々、仕事などでストレスを抱えていたり、疲れていたりすると、一日の終わりに帰って寛ぐ場所が不満だらけですと、次の日の活力にならないことがあります。

人それぞれ落ち着くことのできるスペースは違うと思いますし、同居人によっても大きく違います。
一人暮らしの場合は、自分だけの特別な空間を作っていけば良いだけですが、家族ができたりと同居人が増えると、みんなで快適に過ごすための空間が必要となるのです。
お子さんの成長に合わせた部屋作りや、お年寄りのバリアフリーなども大切なことですよね。

自分や家族などのライフスタイルに合わせて、理想の空間を作っていくために、ぜひリフォームやリノベーションを選択肢の一つに入れてみてください。


TOPへ戻る